×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

借方と貸方

取引は、借方と貸方に分けて記入しますが、何をどちらに分けるのかは、取引の2つの側面で判断します。
日常の業務のなかで取引が発生すると、それを原因と結果とに分け(仕訳)、帳簿に記入しなければなりません。
簿記の場合、記入欄の左側を「借方」、右側を「貸方」と呼びます。
取引の原因と結果を、この借方と貸方とに分けることになるのですが、どちらになるかはその内容によって決まります。
たとえば、商品を売った取引では、「商品を売った」という原因は貸方に、「現金を受け取った」という結果は借方になります。
商品を仕入れた取引では、「商品を仕入れた」という原因は借方に、「現金を支払った」という結果は貸方になります。