取引を構成する5つのグループ

簿記には、資産負債純資産収益費用という5つのグループがあって、これらのグループについて記録していきます。
5つのグループのうちのどれか1つ、またはいくつかが増えたり減ったりしたときが取引になります。
簿記では、グループごとに記帳のしかたが異なるというルールがあります。
したがって、どの項目がどのグループに属するかを正しく判断しなければなりません。
そのためには、それぞれのグループに属している項目を正しく覚えることが必要となります。