×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

簿記ってなに?

簿記とは事業を営むことによって生じるお金やモノの出入りを一定のルールに従って帳簿に記録することです。また、簿記の目的は、「いくら儲けて(あるいは損して)」、「財産がどう変化したか」を明らかにすることです。

取引の2面性

簿記では、常に原因と結果という2つの面で、おこったことを考えます。
おこったこととは、帳簿に記入する「ことがら(取引)」です。
つまり、取引には必ず、原因となる面と結果となる面の2つの面があるということです。
これが、取引の2面性といって簿記の基本的な考え方になります。