×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

経理担当については、今後は会社資産の有効活用、資産や事業の次世代への承継といった幅広い分野で活躍するファイナンシャル・コンサルタント的な役割が大きくなるでしょう。
さらに「データの分析が主の業務」というのが主流になってきており、データを読む力が必要とされるでしょう。
コンピューター化が進むと従来の入力作業や計算作業が楽になるだけでなく、
アナログ作業では不可能だった複雑な演算や自動解析なども手軽に使えるようになるでしょう。
また、経理部門は経営参謀として、ますます戦略的部門としての位置づけが強くなるでしょう。そのためには経理担当は日ごろより経営管理や会社資産の有効活用に関する自己啓発をすることが重要となるでしょう。