×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

四半期報告制度を含めた決算サイクル早期化、J-SOX制度に基づく内部統制整備・運用の実施、会計処理方針変更頻度の増加、若手社員の転職志向による人材難等により、経理部門を取り巻く環境はかつてないほどに急激に変化しています。一方で、それらの環境変化に対して要員の計画的増強や、自社における経理部門や経理社員の位置付けを適時に見直している企業は少数派であり、既存の枠組みのなかで一つ一つの事象を何とかクリアし、ギリギリの要員により、なんとかしのいでいるのが現状といっていいでしょう。
こうした状況の中で、経理担当者には確実の経験の積み上げ、着実なスキルアップが要請されることは当然のことといえるでしょう。
また、四半期報告制度、本決算対応として上位資格である税理士試験科目である、会計学に属する科目(簿記論及び財務諸表論)にチャレンジしてスキルアップをはかることも必要とされるでしょう。